🔰

マニュアル・初期設定方法

⚠️
2021年8月以前の YouTube 動画やブログで紹介されている方法は、このページの最後に書かれているレガシーモード(非推奨)である可能性が高いです。レガシーモードは動作が不安定なため、最新の方法での設定を推奨しています。
💡
設定方法で不明点がある場合はユーザーコミュニティからご質問ください。ユーザーコミュニティの参加方法はこちら
 
目次
 
Fast Notion と Notion の設定方法には、「かんたん設定モード」「手動設定モード」「レガシーモード」の3種類の方法があります。それぞれ設定方法を解説しています。特に理由がない場合には「かんたん設定モード」での設定を推奨します。

かんたん設定モード(推奨)

手順に従って操作することで、Fast Notion と Notion の接続が完了するモードです。

1. かんたん設定モード画面を開き、Notion にログインする

Fast Notion の URL 設定画面から「かんたん設定ボタン」をタップします。Safari が開かれるので、「Notion で認証をする」ボタンをタップし、Notion にログインしてください。
URL 設定画面
URL 設定画面
かんたん設定画面(Safari)
かんたん設定画面(Safari)
Notion ログイン画面
Notion ログイン画面

2. 接続したいページを選択して、Fast Notion に値を入力する

Notion にログインが成功したら、ページの一覧が表示されます。Fast Notion と連携させたいページ(Fast Notion からのアクセスを許可するページ)を選択してください。「アクセスを許可する」ボタンをタップすると、もとの画面に戻り、ページ ID とインテグレーショントークンが表示されます。ここに表示された値を Fast Notion の画面にそれぞれペーストしてください。
アクセスを許可するページを選択
アクセスを許可するページを選択
ページ ID とインテグレーショントークンが表示される
ページ ID とインテグレーショントークンが表示される
Fast Notion 内にコピーして貼り付ける
Fast Notion 内にコピーして貼り付ける

3. 接続テスト

Fast Notion の URL 設定画面の接続テストボタンをタップしてください。成功のダイアログが表示されたら接続成功です。指定した Notion のページに Fast Notion からのテスト投稿のテキストが入力されているはずです。
 
💁‍♂️
うまく設定できなかった場合には、ユーザーコミュニティからご質問ください。ユーザーコミュニティの参加方法はこちら

手動設定モード

ご自身で ID やトークンを設定したい方はこちらの設定方法がオススメです。

1. Notion Integration Token の取得

⚠️
Integration Token は、ご自身の Notion アカウントと、Fast Notion を紐付けるために必要な値です。外部に漏れてしまうと、情報が見られたりしてしまう可能性があるので、他の方には教えたりしないよう、ご注意ください。
まず、 https://www.notion.so/my-integrations にアクセスし、左側の New Integrations というボタンから、新しい Integration を作成します
Notion Integration 作成画面(既にいくつか Integration が作成されている状態)
Notion Integration 作成画面(既にいくつか Integration が作成されている状態)
 
Integration を作成が完了したら、Secrets というところから、Token が取得できるので、こちらの値が Notion Integration Token になります。
 
Integration Token の取得方法
Integration Token の取得方法
 

2. 投稿したいページの作成・Integration 権限の付与

💡
最も設定漏れ・お問い合わせが多いのがこの権限付与の行程になります。忘れずに設定するようにしましょう。
投稿先となる Notion のページを作成後、上記のステップで作成した Integration の権限を与えてください(スクリーンショットでは、Fast Notion という Integration を追加しています)
 
Notion のページの右上の Share ボタンから権限を追加することができます。
notion image
 

3. 投稿したいページの ID を取得

TEXT / TODO モードの場合

投稿したいページのリンクをコピーしてください。
リンクの取得方法のスクリーンショット
リンクの取得方法のスクリーンショット
URL は https://www.notion.so/[アカウント名]/[PAGE名]-[PAGE_ID(32桁の文字列)] という形式になっています。ここの末尾の 32 桁の文字列が PAGE ID になっているので、その部分のみを取得してください。
 
(例)コピーしたURLが https://www.notion.so/35d/Fast-Notion-81d260a5e5d8473ab32458c7a1971f1e となっていた場合は PAGE ID は 81d260a5e5d8473ab32458c7a1971f1e となります。
 

DB モードの場合(Pro Plan 限定)

DB モードを設定した場合には、Fast Notion からのメモがデータベースに保存されます(Pro Plan 限定の機能になります)DB モードの場合も同様の方法で ID を取得します。まずは、データベース(テーブル)のリンクをコピーしてください。
データベースのリンクをコピーする(フルページデータベースの場合には、TEXT モードの場合と同様、右上のボタンからリンクをコピーしてください)
データベースのリンクをコピーする(フルページデータベースの場合には、TEXT モードの場合と同様、右上のボタンからリンクをコピーしてください)
 
URL は https://www.notion.so/[アカウント名]/[PAGE_ID(32桁の文字列)]?v=[VIEW_ID] という形式になっています。この URL から PAGE_ID の 32 桁の文字列を取り出して下さい。
 
⚠️
ここを間違える方が非常に多いのでご注意下さい。 v=XXX の方を貼り付けてしまう方が非常に多いです。
(例)コピーした URLが https://www.notion.so/35d/a2f9332ec0f94d5e9d06581ed864047c?v=a66e42ea25a2476089fc574c72a246cb となっていた場合は、PAGE ID は a2f9332ec0f94d5e9d06581ed864047c です。
 
⚠️
DB モードの場合、デフォルトの「Name」というプロパティにメモが投稿される仕様となっています。ここの名前を変えてしまうと、正常に動作しない可能性が高いです。「Name」のままお使いください。また、Notion を日本語設定でお使いの方はプロパティ名がデフォルトだと「名前」となっています。ここを「Name」に変更するようにしてください。
 

4. Fast Notion へ設定

Notion API Mode を ON にして、1~3 のステップで取得した情報を Fast Notion へ入力してください。OFF にした場合のレガシーモード(後述)は、現在非推奨となっているのでご注意ください。
 
Fast Notion の設定画面
Fast Notion の設定画面
💡
設定方法は、動画でも紹介しているので、こちらも合わせてご覧頂くと設定方法のイメージがつきやすいかもしれません)
 

☠ レガシーモードでの設定方法(非推奨)

☠️
Token v2 を使った方法(Legacy モード) は非推奨となりました。Notion API モードをお使いください。
非推奨の方法を確認する

[1] Web ブラウザで Notion を開き、Developer Tool を起動

Mac の場合は、Option + Command + I
Window の場合は、F12 または Ctrl + Shift + I
で開くことができます。
 

[2] token_v2 のコピー

Application タブ > Storage > Cookies > token_v2 を探して、Value をコピーしてください。
notion image
 

[3] アプリ内に貼り付けてください

Slack や、SNS 等を経由して、コピーしたあなたの URL を Fast Notion アプリ内に貼り付けてください。これで設定は完了です👍 Notion API Mode を OFF にした場合は、こちらのトークンが使われます。
notion image
💡
トークンは、個人を特定する大切な情報です。第三者に漏らさないようにご注意ください。